ダイビングを始めたいと思ったらまず何からやればいい?

知っていると役立つ、安全に楽しんでいただくための豆知識。

安全性と危険性を持ち合わせたアクティビティ

ダイビングには、スカイダイビングやスキューバーダイビングと色んな種類があります。 挑戦したいと思ったものの、自分に合わなかったと後悔しないために自分に合ったダイビング選びが必要です。 ダイビングをするにも費用が掛かるため後悔をしてしまう前に、事前に下調べをして、自分に合ったダイビングを見つけましょう。

ダイビングによっては必要な技術は様々

自分に合うダイビングによっては、身に付く技術や、知識、 スキルが変わってきます。 スカイダイビングを一人でするにはジャンプ回数や筆記試験などライセンスによっても変わります。 スキューバダイビングでも同様、ライセンスによっても変わってきますが、こちらは潜る水深の深さと経験が鍵となります。

失敗も経験を積んで身に付くもの

始めて挑んだものには、失敗はつきものですが、出来れば失敗はしたくないもの。そんな中色んな経験を積んだ方達の経験談などの口コミや評判を元になるべく失敗を減らす事で、安心して挑む事ができると思います。 失敗には様々ありますが、費用の事や、もしもの怪我や事故にも備えたい所ですね。

自分に合ったダイビング選び

ダイビングをするにあたって、安全性や危険性を考慮した上で、楽しんでいただきたいアクティビティは様々あります。
ダイビングに挑戦したものの、失敗してしまった、怖い思いをしてしまったなど様々な体験をされた方がございます。
どんなに楽しいことも危険がついてしまいます。
気をつけていただきたいのは危険性。

まずは持病を持っている方や、治療中の方が医師の相談もなしにダイビングを始めてしまうと、知識や技術もないまま自己判断をしてしまい、事故や怪我につながってしまい、最悪なケースがあるのも現実です。楽しくダイビングをするには医師に相談をする事は不可欠になります。
またダイビングをする場所にも危険な生物もいるため、不本意に触ったり刺激をしてしまうと、刺されたり、噛まれてしまい、毒が体中に回ってしまう危険性があります。
生物の危険性などの下調べも安全に楽しむためには必要になります。
ダイビングによっては、講習なども受けることができますが、費用がかかるため費用を抑えるために間違ったお店を選んでしまわないように、口コミや評判を調べておくのも、ダイビングを始めるにあたって必要な知識になると思います。
安全性ですが、インストラクターに付き添ってもらったり、インストラクターの話は必ず聞くようにしましょう。

危険性もあり不安になったり、気分が悪くなった時等は、必ず周りや、インストラクターやバディーに伝え、何か起きた時はパニックを起こさない事が大事です。
安全性には危険もある事を知ったうえで、色んな知識が必要になります。
そのため技術やライセンス、必要なスキルを取得したうえでダイビングを行うのも良いでしょう。